自分を大切にするには

ブログ

自分を大切にする イメージ

自分を大切にする

この重要性に反対される方は
滅多におられないでしょう。

自分を蔑ろにして過ごしていると、
体の不調も出やすくなりますし、

自分の心が満たされないので、
お金持ちになっても社会で成功しても
幸福感を味わうことができません。

・・・なんてことは、
誰もが理解しているのに、

自分を大切にできているか?
という問いに対して

自信を持ってYESと言い切れる人は
少ないのではないでしょうか。

感覚を大切にする

自分を大切にするということは、
自分の「感覚」を大切にする
ということです。

自分の感覚とは、

  • 好きか嫌いか?
  • 心地よいか悪いか?
  • やりたいかやりたくないか?

などです。

子どもの頃のように
自分の感覚を最優先に
できていれば、

元気なカラダでいられますし、
多少のストレスはあったとしても
全体としては充足感に満たされて
過ごすことができるでしょう。

余白をつくる

しかしながら、
ほとんどの方が自分の感覚を
大切にできていません。

というよりも、
自分の感覚に意識を向ける
機会が少なくなっています

なぜなら、

身体に痛みやコリのような
不快感が生じていたり、

ストレスや理詰め思考によって
頭がパンク状態になっていたりで、

本来の感覚を味わう余地が
なくなってしまっているからです。

  • 好きか嫌いか?
  • 心地よいか悪いか?
  • やりたいかやりたくないか?

といった感覚に意識を向けるには、
ある種の「余白」が必要です。

  • 十分な休息を取る
  • メンテナンスを受ける
  • ストレスとなることをしない
  • 頭を使うのをやめる

などして、日頃から心と体に
十分な余白をつくっておくことが、

自分を大切にすることに
繋がっていきます。

育児ストレスを解消したいときは、気軽にご相談くださいませ

ご予約・お問い合わせ

ブログ

Posted by キヨ