胃の不調をヒーリングで癒やす

2020年10月10日症例

胃のヒーリング

本日の感情療法ヒーリングのお客さま(40代女性)

【主訴:胃腸が弱い】

  • 胃もたれ
  • 膨満感
  • 食べても太らない

胃腸が弱い=消化吸収力が低いと、
食事を摂っても十分に消化吸収されず、
結果的に栄養が不足してしまいます。

すると、

消化に必要な酵素などが十分に作れず、
より胃腸が弱くなるという、負のスパイラルに😱

以下、整体オフィス空流による検査分析の結果です✨

胃を弱めるエネルギー的な問題

胃の不調の原因

■ストレス

①ハートチャクラ
彼女の場合、心配のし過ぎによって
ハートチャクラに元気がなくなっていました。

筋反射テストで掘り下げてみたところ、

自分は要領よくできない!だから、常に
先を想定しておかないと大変なことになる!

という思い込みが、
心配性の原因となっていました。

②胃経
夫を否定する気持ちの裏側に隠れていた、

テキパキ動けないガサツな自分がイヤ!

という想い(自己否定)も影響していました。

■拒絶反応

当オフィス独自の見解ですが、

いわゆる条件反射がネガティブな
方向に働く(≒拒絶反応)ことによって、
心身の不調の要因となることがあります。

今回は、カラダが下記に対して
拒絶反応を起こしていたため、
胃経の流れが悪くなっていました。

  • コーヒー
  • キャベツ
  • 花粉

セッションでは、

食事栄養面でのアドバイスとともに、
胃を弱めているストレスと拒絶反応を
ヒーリングでリセットしました😊

エネルギーの乱れが解消されると

不調に陥ってからの期間にもよりますが、

胃腸に関わるエネルギーが整うと、その場で
膨満感などは改善するケースが多いです。

※今回のお客さまも膨満感はラクになりました♪

もちろん、炎症などの組織的ダメージが伴う場合は、
それらが修復されるまでの時間を必要とするため、
食事面も含めて引き続きケアしていくことが大切です。

栄養状態に問題があると、、、

整体やヒーリングでラクになっても、
ちょっとしたことで不調が再発してしまう、、、

様々なケースがありますが、
傾向としては、

  • 栄養状態がよくない
  • 内臓が弱っている

方が多いように思います。

精製糖質や甘いものが多く、
肉魚卵などを摂る量が少ない。

コーヒー飲まずにはいられない。

食後の眠気がひどい。

たくさん食べると、
胃がもたれてしまう。

こういった生活が続いている人は、
栄養状態が悪い期間が長いため、
内臓にも余力がない状態です。

すると、
ちょっとしたストレスなどで
体調を崩してしまうようになります

整体やヒーリングと食事栄養面の改善は
健康への両輪であり、どちらも欠かせません。

日頃から気を配りたいものですね。

ストレスでお悩みの方は気軽にご相談ください

インターネット予約

2020年10月10日症例

Posted by キヨ