夜尿症(おねしょ)の原因はストレス?

2019年11月20日症例

京都市西京区のヒーリングサロン・整体オフィス空流です。

今回は、5歳の男の子の夜尿症(おねしょ)についてのご相談でした。

ずっと大丈夫だったのに、最近になって急に「おねしょ」をしてしまう機会が増えたそうです。

日本泌尿器学会様のHPによると、夜尿症は次のように定義されています。

子どものおねしょ(夜尿症)は「5歳を過ぎて1ヶ月に1回以上の頻度で夜間睡眠中の尿失禁を認めるものが3ヶ月以上続くもの」

また、夜尿症の原因は次の①~③による複合的なものだとされています。

①尿意で目をさますことができないという覚醒障害
②膀胱の働きが未熟である(膀胱のサイズが小さいなど)
③夜間尿量が異常に多い

一方、整体オフィス空流では症状が出始めた時期に何か原因となるトラブルがあると考えます。

そこで、まず筋反射テストで本人のカラダに原因を訊いてみることにしました。

●●ちゃんばかり、ズルい!!

夜尿症になってしまっている原因を、筋反射テストでカラダに訊いてみると、妹に対するストレスに反応がありました。

要は「●●ちゃんばかり可愛がってもらってズルい!」という気持ちです。

感情療法では、ストレスと内蔵の関係を深く追求するのですが、たしかに「ズルい!」とか「オカシイ!」といった気持ちは腎臓に影響することがあります

そのストレスが原因で、夜尿症になってしまっているのでしょうか・・・。

おねしょになったほうがトクする!?

しかし、ズルい!という気持ちだけで夜尿症になるのであれば、そこら中におねしょで悩む子どもが溢れかえっているはずです。(そんなことはないですよね??)

ストレスの影響があったとしても、そこには夜尿症になってしまう「必然性」があるに違いないと考えました

ということで、さらに深く検査で掘り下げていきます。

すると、最終的に出てきたのは、、、「もっと僕もかまってもらいたい!」という気持ち。

つまり、おねしょ→母親の手がかかる→かまってもらえるというわけです。

もちろん、5歳のお子さんが頭で論理建てて考えているわけではありません。カラダが無意識レベルで、そう判断したということです。

症状にはメリットがある

これは子どもに限った話ではありませんが、頭では(顕在意識)では「この症状はイヤ!治したい!」と考えていても、

心の深いレベルでは、どこかその症状に助けられていることがあります。これを二次利得と言います。

わかりやすい例を挙げると、学校が嫌な小学生が腹痛を起こしたりするケースですね。

お腹が痛いのはイヤだけど、そのおかげで学校には行かずに済んだ!と意味で、症状にもメリットが有るわけです。

このようなケースでは、表面的なアプローチを行っても、何度でも症状は再発してしまいます。

問題の本質を突き止めて根本から解決することが大切です。

エネルギー療法でストレスの影響をリセットする

整体オフィス空流では、ストレスのような感情もエネルギーだと考えているので、エネルギーヒーリングの技術を用いてストレスの影響をリセットします。

今回は、

  1. ●●ちゃんばかり、ズルい!
  2. ぼくもかまってほしい!

という、2つのストレスをヒーリングで浄化しました。

ストレスが溜まっているときは、その出来事や人について考えるだけでもモヤモヤした気持ちが湧いてきますが、

ストレスのエネルギーを浄化したあとは、同じことについて考えてもイヤな気持ちが出てこなくなります

それにともない、身体的なトラブルも解決に向かいます。

その後の様子と今回の考察

一週間ほど経ってから様子を聞いてみたところ、「あれからピタッと治まりました!」とのことでした。

この時期の子どもは、膀胱の働きや睡眠ー覚醒リズムが十分に育っていないこともあると思いますが、それ以上に夜尿症が出始めたタイミングが重要です。

たとえば、2週間前から、おねしょをするようになったとします。これは逆に言うと、それまでは大丈夫だったということです。

つまり、発症時期である「2週間前」くらいに、何か夜尿症の引き金となるものがあると考えます。

時系列を踏まえて夜尿症の原因を考えると、それは膀胱のサイズよりも精神的なトラブルである可能性のほうが高いのではないでしょうか。

ご予約はコチラからどうぞ

スマホからタップすると電話発信

インターネット予約

2019年11月20日症例

Posted by キヨ