自然に治るのが当たり前

2021年2月26日ブログ

自然に回復 当たり前

カラダは不調を来たすことはあっても、時間経過とともに自然に回復していくものです。

しかし、本来なら自然に治るはずのものが、なかなか良くならない…となれば、そこには回復を邪魔する何かがあると考えられます。

  • 何かズレてる?
  • 邪魔している?
  • 滞っている?
  • 溜まっている?
  • 不足している?
  • 過剰になってる?
  • 引っ掛かってる?

それを見つけて取り除き、本来の自然に治る状態に整えること。

その結果として、痛みをはじめとしたカラダの不調も治っていく、、、というのが、整体オフィス空流の考え方です。

つまり、整体やヒーリングは回復の後押しに過ぎず、施術やヒーリングで外側から治す・治してもらうというスタンスは取っていません。

自然治癒力を最大限に引き出すポイント

回復のジャマをするのは何か?というのはセラピストの考え方によって様々ですが、自然治癒力を最大限に引き出すために絶対に外せないポイントがあります。

それは信頼です。これには、2つの意味があります。

一つは、セラピストがクライアントの回復力を信頼していること。

相手の回復力を信頼できていないとき、セラピストは(自分が治さなきゃ!)と前のめりになります。

これは責任感のある態度のようにも見えますが、セラピストの前のめりな姿勢は、クライアントの自然なエネルギーを邪魔することになり、本来の回復力にブレーキをかけてしまいます。

セラピストが相手の回復力を心から信頼し、必要最低限の後押しとして施術させていただくときに、カラダは驚くべき回復力を見せてくれるのです。

自信回復をサポートするのも大切

サポートする

もう一つのポイントは、クライアント自身もカラダの回復力を信頼していることです。

長年、不調が続いている方は、自分のカラダに自信がなくなっていることが少なからずあります。

  • 自然には治らない気がする
  • また調子が悪くなるかも?

と、自分のカラダを信じられなくなっていると、本来の回復力が発揮されづらくなります。

あれ?何か大丈夫な気がする!と、自分の体への信頼を取り戻すと、今までの停滞がウソのように回復へ向かいはじめるでしょう。

その意味で、クライアントの自信回復をサポートするのも、セラピストの大切な役割だと考えています。

心と体を整え、自分らしく生きたい方は気軽にご相談ください

インターネット予約

2021年2月26日ブログ

Posted by キヨ