育児ストレスの解消に必要なこと【感情&思考編】

2021年5月31日ブログ

心の大掃除

育児ストレスは、子どもに対する直接的なストレス以外にも、配偶者や目の前の状況に対するストレスなどがあります。

ご相談の多いケースとしては、

  1. 子ども:イライラ、心配、罪悪感
  2. 配偶者:わかってくれない、怒り、悲しみ
  3. 状 況:不安、あせり、重圧

などでしょうか。育児ストレスのご相談のほとんどが、上記の3パターンに該当しています。

自分の「感じ方」を変える

育児ストレスを解決したいとき、通常はストレスの元になっている子どもの行動や態度を変えようと働きかけるでしょう。

しかし、ご存知のとおり、他人をコントロールすることは極めて難しく、徒労に終わってしまうことのほうが圧倒的に多いものです。

そこで、オススメなのが、子ども(や配偶者)を変えるのではなく、あなたの「感じ方」を変えるアプローチです。

誰しも、気持ちに余裕があるときとイライラが溜まっているときとでは「感じ方」が違ってきます。

同じ状況であっても、気持ちの余裕の有無によって、あなたが感じるストレスは大きくも小さくもなるでしょう。

つまり、気持ちの余裕を確保する方法さえ手に入れば、育児ストレスも大きく軽減できるということです。

まず、自分を満たすことが大切

自分を満たす

育児ストレスの解消には、相手を力づくで変えようとするよりも、自分自身の気持ちの余裕を取り戻して「感じ方」を変えるアプローチのほうが、はるかに効率的です。

そのために必要不可欠なことは、自分を満たすという考え方です。

自分の好きなことをして過ごす・何もせず休憩にあてるなど、方法は何でもオーケーです。「やりたいことをやり、やりたくないことはしない」というように、ご自身の心のケアを優先させる時間を作ってみてください。

・・・という話をすると、「そうできたらいいけど、、、それができないからしんどいんです」という方もおられるでしょう。

たしかにスケジュール的にどうにもならないときもあるかもしれませんが、実際には「罪悪感」がジャマして、自分を優先しづらくなっていることも多いのではないでしょうか。

たとえば、

  • 旦那は働いてるのに~
  • みんな頑張ってるのに~
  • 私は稼いでないのに~

など、自分の時間を優先することに罪悪感を抱いてしまう、というお話をよくうかがいます。

でも、本当は、このような罪悪感は手放してしまっていいと思うんです。

あなたは母親である前に一人の女性です。お子さんを大切にするのと同じように、あなた自身も大切にされるだけの価値があります。

私だけラクしてたら申し訳ない、、、などは頭の中にある「エゴの声(=幻想)」に過ぎません。

もちろん、一日中ずっと好き勝手に過ごすというわけにはいかないと思いますが、もっと自分を満たす時間をとっても良いのではないでしょうか。

また、母親の気持ちが満たされることは子どものためにもなります。

お母さんが機嫌よくしていると、それだけで子どもは幸せを感じられるものです。

一方、どんなに物質面・行動面を満たしても、母親がストレスを感じていると、子どもは敏感に察知し、心から幸せを感じることができません。

あなたが自分を満たすための時間を確保することは、お子さんが幸せに過ごすことにも繋がるのです。

優先的に自分の時間を確保する

優先順位

自分を満たすコツは、優先的に自分のための時間を確保することです。

一般的には「やるべきことを全てやった上で、残った時間を余暇や休息に充てる」という考え方のほうが主流でしょう。

これは常識的な態度のように思われるかもしれませんが、自分を後回しにする生き方とも言えます。

同じように自分を満たす時間をとるにしても、その裏側にある意識によって、その効果には歴然とした差が出てきます。

なにも一日に何時間もというわけではなく、一日1時間でも30分でも15分でもかまいません。

自分のための時間を「先」に確保するという意識が、自分を満たすためには重要なのです。

やらなきゃ!を見直す

やらなきゃ!を見直す

自分を満たす時間を優先的に確保することのメリットはわかりました。

でも、実際やることが多すぎて、時間が取れないんです・・・!ということもあるかもしれません。

どうにもならない場合もあるとは思いますが、実際には「やらなきゃ」にも色々あります。

絶対にやる必要があることもあれば、やらなきゃ!と思い込んでいただけで、ほかの人にお願いしたり、止めてしまったりしても問題ないこともたくさんあります。

そのため、一度ご自身の「やらなきゃ」を見直してみることは良いプランです。

そして、他人に任せることができるもの、やめてもいいんじゃないの…?と感じることは、思い切って手放してみましょう。

最初はちょっと勇気がいりますが、手放してみると思っていたよりも大丈夫だった!ってことも多いですよ。

セルフケアを実践する

ESRテクニック

ストレスを解放するテクニックはたくさんありますが、ここではESRという手法をご紹介しましょう。

やり方としては、

  1. ストレスに意識を向ける
  2. そのまま、おでこに軽く両手を触れる
  3. 指先に感じる拍動が左右そろうまで続ける

これだけです。

ESRをおこなうことで、「前頭葉」という、前向きで論理的な思考をするときに活発に働く部位にエネルギーが流れ、ストレス感情がリリースされやすくなります。

コツは、頭で考えるのではなく、ただ湧いてくる感情を味わうこと。浮かんでくる感情が次々に変わってもかまいません。

あれこれ感情が切り替わりながら、しばらく続けていると次第にストレスの度合いが小さくなってきます。

一回で完璧にできなくてもかまいません。すべてのストレスがゼロになる必要もありません。

軽い気持ちでやってみて、少しでも気持ちがラクになればラッキーくらいが、ちょうどいいでしょう(笑)

また、手順そのものはシンプルですが、方法の正しさにこだわるよりも、

  1. まず、自分自身を満たす
  2. 定期的に心のケアをする

という意識を持っておくことのほうが、はるかに大切です。

※ESRをするときは、適度に水を飲むようにしましょう

専門家のヒーリングを受ける

専門家のヒーリング

セルフケアだけで解消しきれない根深いストレスを解決したい場合、専門家のヒーリングを受けるのも選択肢の一つです。

もちろん、お金も時間もかかりますが、熟達したセラピストによるセッションは、セルフケアだけでは得られない価値があります。

セラピストやヒーリングの内容によって差はありますが、セルフケアと比べて、

  1. ストレスの根っこが解消できる
  2. 短時間で多くの問題を解消できる
  3. 自分では気づかなかった気持ちに気づける

などのメリットがあります。

このページの内容を実践されてみて、さらに高次元のメンタルケアに取り組んでみたい方は、相性の良いセラピストを探されてみてください。

ZoomやSkypeでの遠隔セッションでも大丈夫な方は、当オフィスの感情ヒーリングをお試しいただくこともできますのでで、気軽にご相談くださいませ。

育児ストレスを解消されたい方は、気軽にご相談くださいませ

ご予約・お問い合わせ

2021年5月31日ブログ

Posted by キヨ